釣れないSALT

淡路島を中心に関西で休日陸っぱり釣行! メバリングなどソルトルアー中心ですが、たま~にバスも。

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

* 仕事と釣行

偶然というか何というか、

23日の日曜日に淡路島へ行かねばならない仕事が舞い込んできました。

仕事的には、会社の誰が行ってもいいモノなんですが、

もうなんだか社内のムードは「淡路島やったらお前やろ~」って雰囲気が…。

休日出勤がついて、交通費が会社持ちで釣りに行けると考えればラッキーですが、

仕事の時間が日曜日の朝9:30から午前中、って感じなので、

仕事前に釣りをするか、仕事後にするか、ちょっと悩ましい時間帯。

かなり悩みましたが、仕事前に釣りをするコトに決め、

そうなると、今回もやっぱし夜通しフィッシングですな…。


仕事は洲本港からすぐ近くのトコなので、洲本で釣りをすればいいんですけど、

洲本港は、淡路ビギナーの頃に行ったコトがあり、

それがタチウオのハイシーズンだったので、もうなんだかやたらヒトがいっぱいで、

隣のすぐ近くに割り込んでくるし、ウキをワタシの目の前に平気で流してくるしで、

「こんな混んでるトコで釣りはしたくない」と思ったコトがありました。


なので、まずはいつものテトラ帯に行って、夜1時から釣り開始。

時期的に今回もシブい状況が予想されますが、

今回のメバル釣りでは、いつもと違う秘密兵器も用意しているのでありますよ。


ズバリ、青イソメである。


前々から、電気ウキのエサ釣りとメバリングで

どのくらい違いがあるのか前から試してみたかったのです。


んで、釣り場に着くと、いそいそとエサ釣りのタックルを準備。

なにせ初めてなので、まずはネットで調べたとおりに仕掛けをセット。

延べ竿なんてないので、当然ロッドとリールはメバリング用です。


そして、いよいよ期待のエサ投入。


チョイ投げしてウキを見ながらジィ~~~ッと待ち、

ぜんぜんアタリがないので、少し手前に寄せてボォ~~~ッと待つ、の繰り返し。


ただ、回収した仕掛けを見てると、何投かに一度は仕掛けとウキが絡んでしまいます。

ウキ釣りだと、投げて回収するまでの1ターンの時間が長く、

絡んだままアタリを待ってるってのは、時間の無駄なので何とかしたいのですが、

着水前にサミングで糸の出を止めてみても、どうもうまくいきません。


そうこうしてるウチに完全に潮止まりになったようなので、まずは休憩。


しかし、再開後も、まったく状況は同じで釣れる感じナシ。


ここで気分転換の意味もかねてメバリングタックルをセットし、

ワームをキャストしてみると、なんといきなり15cmくらいのメバルがヒット!


どうも青メバルが回ってるみたいなので、

すかさず再度エサ釣りタックルを試みますが、ガン無視


なんでエサの方が釣れへんねん…


この後も少しエサ釣りをやりましたが、遠投しようと思ってフルキャストした時に、

ゴムに固定した電気ウキを飛ばしてしまい、ヤル気喪失…。


以降は完全にメバリングになった訳ですが、

それなりにメバルは浮いてるものの、積極的にワームを食ってくるでもなく、

たま~にショートバイトがあり、3~4回に1回くらい乗ってくる感じ。

完全に沈黙してる訳ではないので、そこそこ楽しいんですけど、

「このままの展開が続いて、朝マズメにちょっとだけ連発するんだろうな」

というコトは容易に想像でき、ココでふと、

「どうせ洲本に行かねばならんのなら、今から移動して、

 朝マズメに洲本川でシーバスを狙ってみるのもいいんじゃないか」


と、思い付きました。


…てな訳で、朝6:30のマズメギリギリに洲本川河口で釣り開始。

0123-1.jpg

どこで釣れるかなんて知らないので、とりあえず車が停めれたトコロで勝負。

TKLM、ローリングベイトなどのルアーを投げてみますが反応なく、海はとっても静か…。

写真に写ってる橋の付近まで行けばいいのかも知れませんが、

夜通しフィッシング終盤では、もう移動する気力もなく、

このままダラダラと惰性でキャストだけを繰り返して終了。

車の中で着替えて仕事に向かいましたとさ。

…ってコトで、お持ち帰りは15cmクラスのメバル3匹でした。


最後にメバルのエサ釣りについて。

初めてのウキ釣りで、ネット情報頼みだったので、

当然、ワタシの腕とかやり方に問題があったんだろうとは思います。

さらに、釣りにくい時間だった、ってのもあったんでしょうけど、

活性の高い時はメバリングでも釣れるんだし、

渋い時こそ、アタリくらい欲しかった…。

また、メバリングに慣れた身からすれば、

エサ付けとか、リトリーブせず待つ、ってのが結構ツラかったっす。

今回の使用タックル
・ロッド … ソアレオシア S709ULT、ソアレゲーム S706ULS、ディアルーナ S806ML
・リール … 09ツインパワーMg 2500S、08バイオマスター 2500S
・ルアー … 電気ウキ大&ガン玉3B + 青イソメ(×)
      タイディソアレHF + キャロヘッド/0.25g(○)
      ガン玉4B + メバルフック3号(×)
      TKLM9/11(×)
      ローリングベイト77(×)

※ブログランキングに参加してます。下のバナーをクリックしてやってくださいまし。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

category: メバリング釣行

[edit]

page top

« * バーブ  |  * メバリング道 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://saltlureblog.blog20.fc2.com/tb.php/15-5cb15ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。